ゆるくいきたい

複数推しの若手俳優好き P業も 書きたいときに書きたいことを書く

応援は人それぞれ

1週間経っても感想エントリーが書き終わらないので違う話題を。

tells.hatenablog.com


勝手に引用すみません。

私は普段Twitterに鍵をかけてるのでわりとなんでもつぶやきます。
推しくん大丈夫かな?はよくつぶやきます。


推しくんは1度体調不良でイベントに出られなかったことがありました。
私はめちゃくちゃ怒りました。
お仕事なんだからちゃんと体調管理してほしかった。
ひとしきりTwitterで色々言いましたが、お手紙には書きませんでした。
推しになら書いちゃってたかも。


手紙に書かなかった理由はいくつかあります。
1つは言われなくてもわかってると思ったから。
そのイベントは翌日からの公演の宣伝をするイベントで、翌日からの公演にはきちんと出演していました。
公演後にはTwitterやブログを更新して、イベントに体調不良で出られなかったことを書いていました。
いつもより元気がなくて(謝罪を明るく書いたらダメなんだけど)、これは事務所に怒られたなと思いました。
たぶん出られなかったことは推しくんも落ち込んで反省してるだろうから、と思いました。

2つ目は体調不良の原因があきらかに仕事のし過ぎではなかったからです。
当時、東京公演→リリイベ→イベント(出られなかった)→地方公演の日程で詰まっていたにも関わらず、リリイベとイベントの間に共演者の方達と遊びに行っていました。
羽を休めたかったこともあるでしょう。
それでも、それで体調を崩したのでは本末転倒です。
正直呆れたんです。
だからこそ書きませんでした。


私は普段手紙に色んなことを書いています。
どうしても行くことができなかったイベントなどは、イベント後に楽しかったようでよかったです等、触れるようにしていました。
でもそのときは呆れて全く何も書きませんでした。
推しくんは察しがいい子なので、何も言わないこともある意味で意味があると思ったから。
もちろん伝わらないのならばそれはそれでいいんです。

それ以降、季節の変わり目なんかには手紙に体調を崩していませんか?、みたいなことを書いています。
体調に気を付けてください、なんて書くこともあります。

でもそれが悪い事だとは思っていません。


体調管理はもちろん役者としての仕事だと思います。
でもオフの日に熱が出るのはかまわないと言ったらおかしいけど、お仕事を飛ばさなきゃいいと思っています。
推しくんは言われなくてもって思ってるかもしれないけど。

書きたいから書いてます。
理由はそれだけ。
普通に心配だから。
大丈夫ですか?無理してないですか?って私が心配してるから勝手に書いてるだけ。
それだけです。

私は心配されたらうれしいけど、心配してることを伝えるのって悪いことなんですかね?



余談ですが、私は推しくんに絶対言わないと決めている言葉があります。
"がんばれ"です。
推しくんはがんばり屋です。
いつもたくさんがんばっているのを知っているから。
だからがんばってください、とは絶対に言いたくない。

私自身がのめり込むと自分がぼろぼろになるまで止まらないタイプで、一時期周りのがんばれという言葉が本当に苦痛だったことがありました。
精神的にまいってしまって病院にも通うことになりました。

推しくんはきっと私なんかよりよっぽど精神的にも強いとは思いますが、自分が言われたくない言葉を推しくんに言う意味はないですから。
だから必ず推しくんにはがんばってくださいではなく、楽しんでくださいと言うようにしています。
きっと推しくんが楽しんでくれたら、こちらも楽しめると思っています。



正直誰が何を思おうが何を言おうが、それはその人しだいだと私は思っています。
それをどう受け取るのかは私たちではなく、受け取った側、今回で言うと役者側が決めることです。
心配されたらうれしいと思う人もいるだろうし、わかってるよと思う人もいるだろうし。
そんなの人それぞれでしょ。

だからこんなこと言っていいのかな、とか。
自分が言うと決めたら言えばいいし、言わない方がいいと思ったら言わなければいいと思います。
悩むこともあるとは思いますけど。




話題は違いますが、推し事についてというグループに参加させていただきました。
今までと変わらないスタンスで色々書いていきますが、よろしくお願いします。

観劇の際の髪型について

ちょっと思うことがあって、悩んでたんですが好きなことを書くブログなので書くことにします。


最近舞台観劇の際にヘアメイクをしている方をよく見ます。
かわいいですよね。
私はかわいい女の子を見るのが大好きなので、かわいいなと思います。

私はヘアメイク自体は悪いことだとは思っていません。
でも最近度が過ぎるというか、後ろに迷惑だろと思うヘアメイクをしてる方も多く見かけるようになりました。


頭の上でのポニーテールや高い位置でのツインテール、頭の上でのお団子などなど。
こういうあきらかに迷惑な髪型は注意しやすいですけど、頭の横での小さいお団子や、編み込みのリボンが横にくる髪型って注意しにくいですよね。

劇場や座席によっては気にならないかもしれませんが、フラットのときに前にそういう人がいたら見える範囲が狭くなると私は思います。
幸いにも私はそういう方が前に来たことはないですが、劇場内でそういう髪型の方を見るとなぜその髪型にしたのかなと不思議で仕方ありません。

小さいからいいとか、段差があるからとか、そんなの言い訳でしかないと思います。
後ろの人が見えなくなる可能性がある髪型は控えるべきだと思います。
というか本来の自分の頭の形から上、横に出たらそれはもうアウトでしょう….

どうしてもそういう髪型がしたいのであれば、最後列に入ればいいんじゃないですかね。


最近特に同厨にそういう方がいらっしゃるので、嫌だなあと思っています。
見られたいのかな?
舞台は客席を見てもらうところではなく、芝居を見に行く場所だと思うんですけどね。

推しくんはファンサがある舞台でもそういう周りに迷惑をかけるのではないかと思われるような方にはファンサを基本しません。
そういうところが推せるなと思います。

舞台 OZMAFIA!! を観てほしい

こんばんは、遅くなりましたがどうしても千秋楽前にこのエントリーを仕上げたいので超特急で書きます。

このエントリーは9/10に千秋楽を迎える舞台 OZMAFIA!!の宣伝になります。
このエントリー内では言葉を選んで書きます。
正直に言うと文句を言いたいところ(主に制作に)はたくさんあるんですが、たくさんの人に観てほしい、座席をうめたいという思いで書きます。

ozmafia-stage.com



まずはじめに私はこの舞台に通っています。
通ってるというか全通します。
チケット全部持ってます。
理由は推しくんが出てるから。
原作ゲームは知らないし、全くネタバレすらも見ずに初日を迎え、今もゲームはプレイしていません。


ストーリー
あるいくつかのマフィアが治める街の中でフーカは目を覚まします。
フーカは記憶を失っており、名前も街へ来る前のことも全く覚えていません。
フーカを襲う者、助ける者、仲良くしてくれる者、そんなマフィアたちと過ごしていく日々。
フーカは何者なのか、なぜ記憶がないのか。

「私はいきたい!」


いやあらすじ書こうとしたら下手すぎて笑えない。

内容としては良くも悪くも乙女ゲーム原作という感じです。
色んなイベントをかい摘んでいくような形をとっているので、複数のキャラとイチャイチャシーンがあります。
なので推しがいてそういうシーンを見たくない人にはおすすめできません。
ちなみに推しくんは手をつなぐのみなので大丈夫です(笑)

キャラが多いですが、メインとそうでないキャラのメリハリがあるのでごちゃごちゃしている感じはしません。
原作ゲームを知らなくても楽しめます。
原作ゲームを知らない方はむしろネタバレなしで観た方がおもしろいと思います。
多少オズの魔法使いの知識があるといいと思います。(wikiレベルで大丈夫です)



私が宣伝エントリーを書こうと思った理由なんですけど、まず平日の空席が多すぎてマジで泣きたくなったから。
千秋楽くらい推しくんに、がんばってきたカンパニーに満席を見せてあげたいから。

そして、もう1つ。
推しくん今回めちゃくちゃいい役をもらっています。
前に名前は出していますが(最近はぼかしてきましたが)私の推しくんは赤澤遼太郎くんです。
ソウというキャラクターを演じています。
いつかこういう役をみてみたかった、という役を演じています。
詳しく話すとネタバレになってしまいますので話せませんが…
とにかくかわいい、めちゃくちゃいい役。
この推しくんをたくさんの人に観てほしいんです!!



初日が終わったときは、つまらないわけじゃないけど楽しかったけどでもめちゃくちゃおもしろかったとはならないな、という感想を抱きました。
フーカちゃんの謎が解明していくのはとてもおもしろかったし、感動したシーンもありましたが、とにかく色々バタバタしすぎでとっ散らかってるなという印象でした。
展開も早いのでちょっと置いていかれたような気もしました。

しかし2日目、本当に同じ舞台か?と思うくらいに完成度が上がり、冷めた目で見てしまったところもうるっときました。

そして昨日(9/9)の夜公演、5公演目にして初めて涙が出ました。
DVD収録のカメラが入っていて気合いが入っていたこともあるかもしれません。
複数回観ているからこそ、その後の展開を知っていたり、このときどんな気持ちなんだろうと考える余裕ができたということもあるかもしれません。
でも本当に感動しました。


推しくんはソウを演じていますが、私は個人的にスカーレットというキャラクターが好きです。
スカーレットにとって大事なシーンで今日スカーレットは泣いていました。
その姿にグッときました。
涙が自然に流れました。


たくさん死にます。
結末は悲しいのかもしれません。
でも演出の方がこんなツイートをしていました。

千秋楽だけチケットを持っている方、普通のエンドを知らないなんてもったいない。
是非前楽も来てください。

初めて見る方、前楽でも楽でもいいです1度オズの世界に来てみませんか?
でもよければ是非どちらのエンドも観てほしい。

今まで観て千秋楽は来ない方、もし予定が空いていれば千秋楽のエンドも観たくないですか?



オズの世界がどんなエンドを迎えるのか、見届けたいと思います。
できることなら、満席の客席であることを願います。



千秋楽後、ネタバレ含みの感想エントリーを書きたいと思います。

E.T.L お疲れ様でした(遅い)

こんにちは、やっとE.T.L感想エントリーの完成です。


そもそもE.T.Lとは、アーストライアルライブの略です。
アーストライアルというのはドルステの劇中に出てくる芸能事務所の名前で、CHaCK-UPやアンプラネットが所属しています。
(アンプラは所属って明言されていたか記憶がないですが、話の流れ的には所属になってるはずです)
事務所ライブって形ですが、わかりやすく言うとドルステのライブイベントです。
今回がvol.8で、まあ3までのことは聞かないでとか、単独ではないときもありましたがAWを壊すと単独イベントとしてのE.T.Lは今回で5度目、2年前のツアー以来の開催でした。

余談ですが、2年前というと推しくんまだデビューしてないんですよね。
時期的に事務所に入ってはいたかもしれないけど…って頃の話です。
だから推しくんE.T.Lって生で見たの初めてだったのでは。


今回は4日間9公演の開催だったんですが、まあ疲れた!!!
楽しかったし幸せでもあったし色々あったんですが、まずは疲労感が半端ない。
確かに体力ない方だけどこれでも20代前半なんですけどね…
アイドルちゃんたちはすごいや。
今回も2年前も全通してるんですが、2年前は毎週遠征しても元気だったのに。
年とったなあ…
ここ1年ほどでドルステに来る方々の平均年齢が下がったような気がしていますが、ずっと若い子は元気だなあと思ってました。


感想をということで。
まずは9公演って多いよね?
公演時間が50分(と言いつつ大体1時間くらい)ではありますが。
1日2回で最終日のみ3回でしたが、もうね腕が痛いです(笑)
ドルステは座っていられるので足はいいんですが、腕とか指とか痛い痛い。

構成としてはE.T.Lというよりドルフェスっぽいなと思いました。
今回のメインはアンプラネットでしたが、CHaCK-UPのレイ、ヴィー、初日のみでしたがジュジュ。
11月に公演を控えるラブ米よりラブライス
そしてちっちゃな英雄からねずみ男子。
アンプラネットのセシィが不在だったため、フルメンバーではない楽曲披露などアンプラは少し押され気味だったかなという印象を受けました。
持ち歌も多くないしね。


ユニットごとの感想を。
▽アンプラネット
今思うとポミィ以外はみんな初E.T.Lだったんですよね。
初めての4人でのパフォーマンスはきっと大変だったとは思いますが、他の出演キャラたちに押され気味だったのが残念だったかな。
アンプラには全体曲が2曲しかないのでバラバラの個性勝負なところも要因かもしれません。
もし次があったら5人で出られることを願います。

2日目からラブライスあきたこまちに代わって助っ人としてラブライスの楽曲に参加したサティ。
2日目の歓声(というより悲鳴)が忘れられません。

同じく2日目からジュジュに代わってジョーカーゲームに参加したエリィ。
初日に友達と参加楽曲数的にジュジュの代わりはエリィだろうとは話していましたが、実際に目の前で見たら…すごかった。
ただジュジュの代わりをやらせるのではなく、エリィ参加ver.にしてもらえたのがうれしかったです。
(振り付けが一部変更されていました)

サティとエリィはラブライス浪漫飛行にも参加していました。
あの振り付けめちゃくちゃかわいかった。


▽CHaCK-UP
キャップの無重力LOVEはもう何度も披露されてきた曲ですが、生披露はエピゼロ以来でした。
エピゼロのときにはエリィとセシィが務めていたバックダンサーが、サティとマー二ィに変わっていました。

ヴィーとポミィはボクの名はで披露したダブルワークのMI・WA・KUを。
この2人の目指す先がわかりません(笑)

ダブルワークの衣装のままジョーカーゲーム
アンプラでも書きましたが、初日はオリジナルメンバーで、2日目以降はエリィが入りました。
ジュジュの初日参加が発表された時点で、初日にジョーカーゲームが披露されることは決まっていたようなものですが、この曲は実際生で見てほしいです。
見てはいけないものを見ている気分です。
好きです。
ヴィーとポミィがダブルワークの衣装なのでいつもより刺激強めでした。


▽ラブライス
推しがアニメに出ているのでアニメは見ていませんがどんな話かは知っていました。
参加が発表されたときは公演決定と同時だったこともあり、マジか…という気分だったのですが、出てくれてよかった。
ラブ米のチケット取りました、増やしたいです。

初日は特にどういう反応をすれば…と戸惑いましたが、ドルステ民はみなさん適応能力が高いのでコールやペンライトが初日の夜には揃っていたのが流石でした。

個人的には、にこまるちゃん推しになりました。
E.T.Lが始まる前はチケット余ったら行くよ(友達は推しくんが出るので通うと言っていたので)くらいの気持ちだったんですが、にこまるちゃんのかわいさに落ちたので先行でチケット取りました。
ラブ米楽しみです。

にこまるちゃん毎日ファンサくれて、最後の客席降りのときに風船を持って出てくるんですが、風船で遊んだ回もありました。
友達にめちゃくちゃ笑われた。


ねずみ男
1番最初の組のときにめちゃくちゃひたすら通っていたので楽曲自体はわかっていたんですが、久しぶりだったので懐かしいなと思いながら聞いていました。
キャスト自体もねずみ男子として生で見たことがあったのは、花塚くんのブックスと松田くんのハンスのみでした。
ただ、キャストが変わっても、組が変わっても、ねずみ男子はねずみ男子なんだなと思いました。
久しぶりにサンリオピューロランドの森に遊びに行きたいと思いました。



遅くなりましたが、E.T.Lの感想でした。

グループのこと

感想ブログ色々書いてますが取り急ぎご報告も兼ねて。
参加させていただいていた、若手俳優についてのグループから抜けさせていただきました。

色々思うところはあったのですが、私は広義的な意味で若手俳優についてを語る、というかとりあえず書きたいことを書きたい主義なのです。
さすがにまずいと思ってSideMの話はカテゴリー分けをしましたが、今ちょうど盛んに意見があげられていて、それを見ていて抜けるという結論に至りました。


このブログは大きくわけて3つのことを書いています。
1つは舞台やイベントの感想。
2つ目は所謂私のスタンスだったり他にも若手俳優を通じて色んなこと。
3つ目はSideMをはじめとした2次元中心のこと。
3つ目以外は若手俳優についてのグループに参加させていただいていたんですが、2つ目のことがたぶんグループの内容に沿わないように思いました。

新しく舞台俳優のオタクというグループを作ってくださった方もいらっしゃったので、このブログのカテゴリー分けを3つにしてそれぞれに分けようかとも思いました。
しかし、感想に付随してのスタンスだったり逆もあったり、全てごっちゃのものもあったり。
完全に分けることは不可能だという結論に至りました。

なによりもゆるゆる書きたいときに書きたいことを書くという私の中のルールに沿わないと思いました。


今後もこれまでと同じように書きたいときに書きたいことを書くというポリシーで色んなことを書きます。
グループ内のブログさんのエントリーを読むのは好きなのでこれからも読ませていただきます。

若手俳優についてのグループに参加してたくさんの方に見ていただいたり、スターをいただいたり、読者登録をしていただいたりして、独り言のようなブログではありますが、うれしかったです。
気が向いたり風向きが変わったらそのうちまたグループに参加することもあるかもしれません。

お世話になりました。

最近のこと

こんにちは、色んなものを下書きに突っ込んだまま初日を迎えてしまいました。
そのうちできあがると思います、そのうち。

今のところETLとSideMのワケ生観覧のエントリーをちまちま書いてるんですが終わらない終わらない。


今日は推しくんが出る舞台の初日です!
2.5作品なんですが、全く元を知らなかったので今回はあえて何も見ずに初日を迎えました。
2.5で原作知らずに行くの初めてかもしれない!
楽しみです。


ここ最近はひたすらアプリゲームをぐるぐるやってるか、働いてるかでした。
SideMの新しいアプリゲームができました!
エムステよろしくお願いします。
担当ユニットのSSRが昨日実装されたんですが、担当アイドルがきてくれたので幸せです。
まだ課金してない。

そして、今日は
THE IDOLM@STER SideM
ORIGIN@L PIECES 07
の発売日です!!!!
私の担当アイドル御手洗翔太のソロ曲も収録されています。
かわいくてかっこいい国民的弟アイドル御手洗翔太をよろしくお願いします!
アイマスPは往々にしてCDたくさん買うことも多いので、もしお友達から聞いてと渡されたらおとなしく受け取ってあげてください。
私も配らなければ。

そしてゲーム内イベントを走ってる毎日です。
SideM、エムステ、あんスタ、スタマイ、A3その他諸々…
いや〜DD具合を物語ってますね。


私はわりと初日厨なところがあって、絶対ってわけじゃないけど特に複数回観に行く舞台は初日を観たいなと思っています。
ネタバレは嫌じゃないんですが、できることなら自分の目で見たいって気持ちが強いからかなと思います。

さて、どの程度席はうまってるんでしょうね…
楽しんできます。

オタク趣味について

こんにちは、お久しぶりです。
ここ数日は現場からの現場からの現場みたいなうれしくもしんどい期間を過ごしていました。
詳しくは今書いてますのでそのうち。

感想エントリーを書くのが苦手で、苦手というかTwitterでつぶやいてしまうので、改めて書くのが面倒になってしまってここにはあまりちゃんと書いてませんがまとめたいのでがんばります。


というわけで先に別の話題を。

関東の実家住みの私ですが、オタク趣味を家族に隠していません。
そもそも家庭環境的に私はマザコン気味なところが若干あります。
好きなものはすぐに話すので、隠すという選択肢が元からありません。
それが恵まれたことだというのは高校生くらいになってわかったのですが。

アニオタになったのも、声優さんを好きになったのも、舞台に行くようになったのも、イベントに行くようになったのも、元推しを好きになったのも降りたのも、今の推しを好きになったのも知ってます。
ついでに推しにあげたプレゼントも知ってるので、使用報告がきたときには見せびらかします。

家で一緒にアニメも舞台のDVDも見るし、車の中ではいつもそういうCDをかけているし。
アニカフェにも来てくれるし、一緒にアニメイトにも行きます。
同人活動については黙っていましたが知ってたみたいだし、むしろ私の薄い本読んでた。

家はわりと放任なところもあるので自分でやってる分には特に何も言われません。
なので推しくんの舞台明日からなんだ〜とか話すし、家のカレンダーには私の観劇予定が全て書いてある(帰りが遅いので)。
ドルステの日には今日こんなファンサもらったの!とか話してます。
つまりかなーーーりオープンです。


なのでどうやって隠してるとかそういうことに関しては全く参考にならないですね。

というか私の母は元々オタクなんですよね。
作品名出すと年代バレるので言わないですが、その作品の文房具とかたくさん持ってました。
血は争えないってやつですね…
私が気になって見始めたものを母の方がハマってたりします(笑)

お母さんと一緒のオタクライフも楽しいものですよ。