ゆるくいきたい

複数推しの若手俳優好き P業も 書きたいときに書きたいことを書く

今日は特別な日

結局卒業ライブには行かない。
ドルステのチケット取ってて行けないとか、やっぱり最後までそうなんだとなんだかいつも通りだなあって思った。
初めて行こうと思って申し込んだフリーライブも、ドルステと被って行かなかったんだよね。

そもそも卒業ライブなのに開催の告知が1週間前とか。
卒業ライブなのに全員で披露するのは1曲だけとか。
色々言いたいことも思うこともあるけれど、私はやっぱり最後まで彼らの現場はほぼ茶の間だったから言う権利なんてないと思うから言わない。

昨日の夜、晴れてほしいなってツイートしてたけど、朝起きて願い通り晴れた空を見たとき泣きそうになった。
実感ないんだけど、本当に今日卒業するんですね。

アイドルという肩書きは元アイドルという肩書きに変わり、そのうちパンフレットとかからそんな記載も消えるんだろうな。

ここ2年くらいとても忙しかったはずなのに、それでも合間を縫って練習に出てライブに出て。
本人は出ることができなくてって申し訳なさそうに言ってたけど、私は本当によくがんばってたよって言いたい。
アイドルの方の現場行ってないから言わないけど。

きっと推しくんにとってアイドルのステージは大好きな場所なんだと思う、愛してやまない場所なんだと思う。
だからこそその場所に思うように居続けられない自分が嫌なんだと思う。

私が推しくんを知ってから推しくんがネガティブな発言をしてるところはほとんど見たことない。
人間なんだからきっと嫌な思いも大変なこともあったはずなのに、それを決してファンに見せる人じゃない。
たぶんこの卒業にだって推しくんは納得してないというか、本当は卒業したくなかったんだと思う。
それでも今も最後まで明るく見せている。

私は推しくんのそういうところがとても好きだけど、今日くらいは最後のステージでぐらいは、素直な気持ちを言ってほしいと願ってる。
行かない私が確かめる術はないけど、たぶん推しくんは最後までアイドルを貫くと思う。
だって私が好きになった推しくんはそういう人だから。


卒業おめでとう。
1回だけど生でアイドルの推しくんに会えたこと本当によかったと思ってます。
これからも私は役者としての推しくんを応援していくし、私の気持ちは変わらないけどそれでも今日は推しくんにとって特別な日。
悔いのない終わりであることを願います。