ゆるくいきたい

複数推しの若手俳優好き P業も 書きたいときに書きたいことを書く

アンプラお疲れ様でした

ミュージカライブ『アンプラネット -ボクの名は-』が終わりました。

通ったドルステ民のみなさん、お疲れ様でした。
ゲストさんやお友達から知ってくださって観てくださったみなさん、ありがとうございました。(私がお礼を言うのはおかしいけど)


本公演としては昨年5月のアンプラ以来で、私にとっては待ちに待った作品でした。
内容はCHaCK-UP Episode.0(以降エピゼロと略称で呼びます)の続編ということで、普段よりも説明を端折っている印象がありました。
初日が終わったあと、これはドルステ初見の方やエピゼロ見てない方はついていけただろうか、と不安だったんですが、Twitterはてブロでもおもしろかったと言ってくださってる方がいてよかったな、と思いました。
もし今回おもしろかったなと思ってくださって、今までのドルステシリーズを見てない方がいらっしゃったらぜひ見てみてください。


個人的な感想としては、エピゼロのときに初舞台を踏んだアンプラネットが今度は初主演として作品を創っているのは感慨深く、成長を感じて泣いてしまいそうになりました。
また、今回パンフレットを購入した方で脚本演出の亀田さんのコメントを読んでない方がいらっしゃったら、ぜひ読んでください。
本編をみて、読んだらわかります。
これぞドルステ!と私は大変感動しました。

千秋楽の真央さんの挨拶の"久しぶり"という言葉を聞いて涙が止まりませんでした。
アイドル役としてドルステのステージに立ってくださって本当にありがとうございました。

推しとしてはエリィちゃんの成長が素晴らしくて、こんなにできるようになって…!と母親目線?くらいの気持ちでした。
ライブパートでも丁寧にファンサできるようになり、Twitterで検索してもファンサがすごかったとたくさんヒットして、すごくうれしかったです。
お芝居も良くなってたんですが、個人的にはダンスの成長が1番素晴らしかったなと思っています。
エピゼロの千秋楽で振りミスから数秒固まってしまったあのエリィちゃんが!!!

そして今回はミミタとも久しぶりに会うことができました。
個人的には幸せいっぱいの公演でした。

サティちゃんが体を変えたり、謎を残したり色々ありますが、このもやもやが若干残るところもドルステらしいなと思います。
この伏線が回収されることを願うしかないです。(伏線を出すだけ出して回収されてないものもまだありますので…)


そして、来月はE.T.L extraのリバイバル上映、8月にはE.T.L vol.8が決定しました。
友人達とは、チケットさえ取れれば文句はないのでキャパはちゃんと確保して早めに詳細をくださいと話しています。

まだまだドルステの世界が続くことをとてもうれしく思います。
7月7日~13日でアニメイトチャンネルで今回の公演の最速配信がありましはので、よろしければ見てください。