ゆるくいきたい

複数推しの若手俳優好き P業も 書きたいときに書きたいことを書く

昨日続き

昨日のエントリーを読んでいただきありがとうございました。
昨日のエントリーを書く際に勢いだったこともあり、簡単に片付けてしまった"公式側にも問題があるのでは"というあたりをちゃんと掘り下げたいと思い、今このエントリーを書いています。



▽個人的に思う、今回の公式側に問題があった点
・当日いきなり身分証確認をした
まずはこれかなと。
事前アナウンスがない状態で身分証確認をしたとき起こりうるリスクとして最初に思いついたのは、身分証忘れかなと思います。
今のご時世身分証持ち歩いてない人なんてあんまりいないと思うけどね!
ちなみに私は高校の学生証が手元にくるまでは身分証は持ち歩いていませんでした。
保険証は親が持っていたので。
そういうこともあり得たこと(今回は身分証忘れで入れなかったとは聞いていませんが)は問題なのではと思います。


・身分証確認をチケット購入時に知らせていなかった
1つ前の続きになりますが、最初の申し込みの時点で身分証確認がアナウンスされていたら、そもそも高額転売だけをしようと思う人は申し込みをしなかったかもしれません。
高額で売りに出されていても、身分証対応ができないからと買われないかもしれません。
身分証確認をするなら絶対に行ける(可能性の高い)公演しか申し込まないかもしれません。

ただしこれについては、それでもやるやつはいるという結論になると思います。
最初のアプリ先行から1人1公演1枚まで申し込みで身分証確認するよーって言ってる某アイドルのあれでも、高額転売で取引完了になっているものがあります。


・特定の座席でのみ身分証確認を行なった
これは完全に公式側の落ち度だと思います。
だって不公平でしょ!
高額転売の疑いが高い席があるから、その座席のチケットを持っている人だけ身分証確認をしますはおかしいと思う。
高額転売された座席がちゃんと割り出されていて、確実性があるならわからなくもないけれど、今回は少なくとも公式側がこちらに出した言葉としては"疑いが高い"に留まっています。
疑いが高い座席があるのならなおさら、全ての座席で身分証確認をするべきであったと思います。
(値段の差こそあれ)定価以上で買ったチケットで入れた人がいるのであれば、それは不公平でしょう。
できなかった理由があるのならば、それは昨日のエントリーにも書きましたがスタッフの確保などの問題、もしくは公式側の見通しが甘かったとしか言えません。


・行けなくなった場合の対応がない
そもそもなんですけど、確かにチケットを買うときって先の予定がわからないときありますよね。
公演期間中の予定わからないな取れたとして行けるかなってなるときありますよね。
そうなったときみなさんはどうします?
行けるかわからないけど取ろうってなる人が多いのかなって今回の件の話を見ていて思いました。
私は正直それにびっくりしました。
私の今の状況的には休もうと思えば休めることが多いですが、もちろんそうじゃないって人もいるのはわかります。
職種や勤務先にもよると思いますが、確実な休みもしくは確実に休める目処がついてからチケットを確保するのが普通だと私は思っていました。
人気公演だからそれからじゃ取れないとか、とりあえず取ってから後で交換や譲渡探せばいいとか、色々あるとは思いますが、そんなの知ったことか!!って私は思います。

個人的な話ですが、遅刻することがわかっていて(電車の遅延等ではなく事前にわかっている場合の遅刻)チケットを取る人はふざけんな、と思います。
遅刻することはあります、人間だもの。
電車の遅刻だったり、どうしてもその日に何かしら起こるかもしれないし。
でも、チケットを取る時点でどんなに急いでも確実に遅刻するってわかっててチケットを取るのは、私は迷惑だと思います。
自分が入ってくるその間、誰かの視界をふさぐことになります。
そんなの絶対に嫌だ。
ちゃんと屈んで迷惑にならないようにしてくれる人もいます、それでもどうしても座席に座るのに誰かの視界には入ります。
屈まずにビニール袋鳴らしながら入ってくるやつは何様だ。

仕事柄わからないんだから仕方ないとか、先すぎて予定がわからないとか、そんなの言い訳でしかないでしょって私は思います。
その仕事を選んだのはあなた(好きで選んだんじゃないって言っても最終決定は自分)なんだから、それによって生じることは自分で対応すべきだと思います。
先すぎてわからないとか、先だからこそその日に合わせて事前になんとかすべきでしょ、時間はあるんだから。
先すぎる問題はむしろいつなら先じゃないのかと思います。
間際は間際で問題なんだし。
先の方が予定の調整はしやすいと思う。

私がそう思うのは、趣味のために転職したり引っ越したりしてる人を知ってるからかもしれません。
そこまで全員がしろとは思いません。
でもそのあたりは個人の問題でしかないと思うんです。
趣味のためにそこまでしたくないのなら(少なくとも私はしない)、身の丈に合った楽しみ方をすればいい。
でのそのために生じることは自分で解決すべきだと思う。

直前になってどうしても外せない用事ができることは仕方ないと思うんです。
そういうときのためのトレードシステムはほしい。
そういうシステムがない状況では今のこの状況は仕方がないとは思う。
でも、わからないからとりあえず取るって、気持ちはわかるけどそれは身分証確認が必要ですって言われてるときも同じことしますか?しないでしょ。
自分が確実に行ける日の自分の名義のチケット以外の正義はないと思う。

定価での譲渡や交換は公式側がオッケーですよいいですよって言ってましたか?言ってないでしょ。
というか言うことあるのか?
暗黙の了解なんです。
昨日も書いたけど解釈の違いなんです。
明記されていないことはどう解釈しても正解なんです。
少なくとも今回の場合、定価での譲渡や交換はルール内ですよというアナウンスはありましたか?
営利目的でないと確認できればいいという対応だったと聞いています。
確認できないものは白じゃなくてグレーであり、白じゃないとダメだよっていうのが今回の公式側の見解だと思います。
だから自分の名義でないチケットは、それが例え定価譲渡や友達が直前に行けなくなったものだったとしても、持っている側はリスクを覚悟すべきだと思います。

もちろん事前にわかっていて、定価譲渡や交換の証明方法が提示されていればなんとかなった可能性はちゃんとあります。
そこは公式側の問題点です。

今後どんな対応になっていくのかはわかりませんが、公式側がオッケーを出したトレードシステムがないうちは譲渡や交換にはこの先もリスクを覚悟すべきでしょう。


・そもそも需要と供給が釣り合ってない
難しい問題だとは思うんです。
劇場の問題であったり、見通しが甘かったとか。
ただし今現在、高額転売がたくさん出回るような公演って言うほど多くないです。
そういうのばかり目に入るけど、少なくとも舞台ではほんのひと握りなんです。
千秋楽だけ売り切れてるとか、S席だけ完売とか多いですよね。
ちゃんと先行も一般もやったけど全部ダメだったってことは少ないと思うんですよね。
私は今某アイドルの星たち取れてないですけど。
でもそれ以外はなんだかんだ手元に行きたい舞台のチケットがあります。
つまり釣り合ってないのはそんなに多くない。
高額転売に頼らなきゃ公演に入れないというのはたくさん起こっているわけではありません。

前に入りたいから高額転売で買うっていうのは、まあそう思う人もいますよね。
前に読んだ記事に座席料金をもっと詳細に区分すべきというのがあって、それには賛同しています。
値段設定は難しいと思いますが(結局その値段よりも上げて転売する人は必ずいると思うから)。
座席をオークション方式で売ればいいってのも見たことありますが、確かにそれは高い値段を出してでもって人には有効でしょう。
ただそこまでくるとただの金儲けのためだけに見えますよね(いやまあ金儲けのためなんだけど)。
あとそれだとファン離れが起こるだろうし(お金を出す人は残るけど新しい人がなかなか入れない)、ファンのファンでいられる寿命は短くなるでしょう。




今回の公式側の対応は間違ってるとは思いませんが、公式側にだって問題はあると思います。
公式側というか今の舞台関連の全体の体制に問題があると思います。
でも今回の件で公式側に抗議すべきなのは実際にあの公演でルールを守ったのに弾かれた人だと思います。
外野がいくら何を言ったって無意味です。

さて、私は今1枚手元に余らせているチケットがあります。
FC先行のために名前が入るでしょう。
申し込みをした後に推しくんが被ってきたために、余らせているチケットです。
この件で最初に思ったのは、あのチケット名前入るだろうけど(まだ発券前です)譲渡やら交換やらはルール内扱いになるのだろうか、でした。
いやー困った困った。