ゆるくいきたい

複数推しの若手俳優好き P業も 書きたいときに書きたいことを書く

舞台 OZMAFIA!! を観てほしい

こんばんは、遅くなりましたがどうしても千秋楽前にこのエントリーを仕上げたいので超特急で書きます。

このエントリーは9/10に千秋楽を迎える舞台 OZMAFIA!!の宣伝になります。
このエントリー内では言葉を選んで書きます。
正直に言うと文句を言いたいところ(主に制作に)はたくさんあるんですが、たくさんの人に観てほしい、座席をうめたいという思いで書きます。

ozmafia-stage.com



まずはじめに私はこの舞台に通っています。
通ってるというか全通します。
チケット全部持ってます。
理由は推しくんが出てるから。
原作ゲームは知らないし、全くネタバレすらも見ずに初日を迎え、今もゲームはプレイしていません。


ストーリー
あるいくつかのマフィアが治める街の中でフーカは目を覚まします。
フーカは記憶を失っており、名前も街へ来る前のことも全く覚えていません。
フーカを襲う者、助ける者、仲良くしてくれる者、そんなマフィアたちと過ごしていく日々。
フーカは何者なのか、なぜ記憶がないのか。

「私はいきたい!」


いやあらすじ書こうとしたら下手すぎて笑えない。

内容としては良くも悪くも乙女ゲーム原作という感じです。
色んなイベントをかい摘んでいくような形をとっているので、複数のキャラとイチャイチャシーンがあります。
なので推しがいてそういうシーンを見たくない人にはおすすめできません。
ちなみに推しくんは手をつなぐのみなので大丈夫です(笑)

キャラが多いですが、メインとそうでないキャラのメリハリがあるのでごちゃごちゃしている感じはしません。
原作ゲームを知らなくても楽しめます。
原作ゲームを知らない方はむしろネタバレなしで観た方がおもしろいと思います。
多少オズの魔法使いの知識があるといいと思います。(wikiレベルで大丈夫です)



私が宣伝エントリーを書こうと思った理由なんですけど、まず平日の空席が多すぎてマジで泣きたくなったから。
千秋楽くらい推しくんに、がんばってきたカンパニーに満席を見せてあげたいから。

そして、もう1つ。
推しくん今回めちゃくちゃいい役をもらっています。
前に名前は出していますが(最近はぼかしてきましたが)私の推しくんは赤澤遼太郎くんです。
ソウというキャラクターを演じています。
いつかこういう役をみてみたかった、という役を演じています。
詳しく話すとネタバレになってしまいますので話せませんが…
とにかくかわいい、めちゃくちゃいい役。
この推しくんをたくさんの人に観てほしいんです!!



初日が終わったときは、つまらないわけじゃないけど楽しかったけどでもめちゃくちゃおもしろかったとはならないな、という感想を抱きました。
フーカちゃんの謎が解明していくのはとてもおもしろかったし、感動したシーンもありましたが、とにかく色々バタバタしすぎでとっ散らかってるなという印象でした。
展開も早いのでちょっと置いていかれたような気もしました。

しかし2日目、本当に同じ舞台か?と思うくらいに完成度が上がり、冷めた目で見てしまったところもうるっときました。

そして昨日(9/9)の夜公演、5公演目にして初めて涙が出ました。
DVD収録のカメラが入っていて気合いが入っていたこともあるかもしれません。
複数回観ているからこそ、その後の展開を知っていたり、このときどんな気持ちなんだろうと考える余裕ができたということもあるかもしれません。
でも本当に感動しました。


推しくんはソウを演じていますが、私は個人的にスカーレットというキャラクターが好きです。
スカーレットにとって大事なシーンで今日スカーレットは泣いていました。
その姿にグッときました。
涙が自然に流れました。


たくさん死にます。
結末は悲しいのかもしれません。
でも演出の方がこんなツイートをしていました。

千秋楽だけチケットを持っている方、普通のエンドを知らないなんてもったいない。
是非前楽も来てください。

初めて見る方、前楽でも楽でもいいです1度オズの世界に来てみませんか?
でもよければ是非どちらのエンドも観てほしい。

今まで観て千秋楽は来ない方、もし予定が空いていれば千秋楽のエンドも観たくないですか?



オズの世界がどんなエンドを迎えるのか、見届けたいと思います。
できることなら、満席の客席であることを願います。



千秋楽後、ネタバレ含みの感想エントリーを書きたいと思います。