ゆるくいきたい

書きたいときに書きたいことを書く

応援は人それぞれ

1週間経っても感想エントリーが書き終わらないので違う話題を。

tells.hatenablog.com


勝手に引用すみません。

私は普段Twitterに鍵をかけてるのでわりとなんでもつぶやきます。
推しくん大丈夫かな?はよくつぶやきます。


推しくんは1度体調不良でイベントに出られなかったことがありました。
私はめちゃくちゃ怒りました。
お仕事なんだからちゃんと体調管理してほしかった。
ひとしきりTwitterで色々言いましたが、お手紙には書きませんでした。
推しになら書いちゃってたかも。


手紙に書かなかった理由はいくつかあります。
1つは言われなくてもわかってると思ったから。
そのイベントは翌日からの公演の宣伝をするイベントで、翌日からの公演にはきちんと出演していました。
公演後にはTwitterやブログを更新して、イベントに体調不良で出られなかったことを書いていました。
いつもより元気がなくて(謝罪を明るく書いたらダメなんだけど)、これは事務所に怒られたなと思いました。
たぶん出られなかったことは推しくんも落ち込んで反省してるだろうから、と思いました。

2つ目は体調不良の原因があきらかに仕事のし過ぎではなかったからです。
当時、東京公演→リリイベ→イベント(出られなかった)→地方公演の日程で詰まっていたにも関わらず、リリイベとイベントの間に共演者の方達と遊びに行っていました。
羽を休めたかったこともあるでしょう。
それでも、それで体調を崩したのでは本末転倒です。
正直呆れたんです。
だからこそ書きませんでした。


私は普段手紙に色んなことを書いています。
どうしても行くことができなかったイベントなどは、イベント後に楽しかったようでよかったです等、触れるようにしていました。
でもそのときは呆れて全く何も書きませんでした。
推しくんは察しがいい子なので、何も言わないこともある意味で意味があると思ったから。
もちろん伝わらないのならばそれはそれでいいんです。

それ以降、季節の変わり目なんかには手紙に体調を崩していませんか?、みたいなことを書いています。
体調に気を付けてください、なんて書くこともあります。

でもそれが悪い事だとは思っていません。


体調管理はもちろん役者としての仕事だと思います。
でもオフの日に熱が出るのはかまわないと言ったらおかしいけど、お仕事を飛ばさなきゃいいと思っています。
推しくんは言われなくてもって思ってるかもしれないけど。

書きたいから書いてます。
理由はそれだけ。
普通に心配だから。
大丈夫ですか?無理してないですか?って私が心配してるから勝手に書いてるだけ。
それだけです。

私は心配されたらうれしいけど、心配してることを伝えるのって悪いことなんですかね?



余談ですが、私は推しくんに絶対言わないと決めている言葉があります。
"がんばれ"です。
推しくんはがんばり屋です。
いつもたくさんがんばっているのを知っているから。
だからがんばってください、とは絶対に言いたくない。

私自身がのめり込むと自分がぼろぼろになるまで止まらないタイプで、一時期周りのがんばれという言葉が本当に苦痛だったことがありました。
精神的にまいってしまって病院にも通うことになりました。

推しくんはきっと私なんかよりよっぽど精神的にも強いとは思いますが、自分が言われたくない言葉を推しくんに言う意味はないですから。
だから必ず推しくんにはがんばってくださいではなく、楽しんでくださいと言うようにしています。
きっと推しくんが楽しんでくれたら、こちらも楽しめると思っています。



正直誰が何を思おうが何を言おうが、それはその人しだいだと私は思っています。
それをどう受け取るのかは私たちではなく、受け取った側、今回で言うと役者側が決めることです。
心配されたらうれしいと思う人もいるだろうし、わかってるよと思う人もいるだろうし。
そんなの人それぞれでしょ。

だからこんなこと言っていいのかな、とか。
自分が言うと決めたら言えばいいし、言わない方がいいと思ったら言わなければいいと思います。
悩むこともあるとは思いますけど。




話題は違いますが、推し事についてというグループに参加させていただきました。
今までと変わらないスタンスで色々書いていきますが、よろしくお願いします。